×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

安曇野の風景(過去)〜2000年・03〜

過去に撮った信州安曇野の風景を、アルバムの中から引っ張りだしてきて紹介しています。

安曇野に移り住んだ2000年当時はデジカメもMacも無く、一眼レフにポジフィルムという組み合わせで撮影していました。

デジカメでの写真が中心の『安曇野の風景』(『安曇野の風景・目次』)もご覧ください。
一部重複している写真もあります。

『安曇野の風景』緑
前回へ 『安曇野の風景(過去)・目次』 次回へ

03回(2005年09月23日)

ひまわり

ひまわり

本編でも使用している写真です。

広いヒマワリ畑はそんなに無いのですが、あちらこちらでヒマワリがたくさん咲いていることも安曇野の夏の名物なのかもしれません。

『安曇野の風景・02・「ひまわり」』

(2000年07月31日撮影)

このページのtopへ


夏の雲

夏の雲

2000年の夏は、こうした夏らしい雲がよく出ていたように思います。

今年(2005年)の夏は午後から曇り空になることが多くて、こういう雲を見た記憶がほとんどありません。

(2000年08月03日撮影)

このページのtopへ


常念岳

光線

"常念岳"の背後に沈んだ夕日が放射状の光を発しています。

北アルプスの稜線上では、どのように見えていたのでしょうか?

『安曇野の風景・01・「常念岳」』

(2000年08月04日撮影)

このページのtopへ


夕焼け、1

夕焼け

こうしてみると、2000年は夕焼けが多かったことがわかります。

『安曇野の風景・01・「夕焼け」』

(2000年08月05日撮影)

このページのtopへ


クモ

クモ

稲のあいだで巣を張っていたのだと思います。

(2000年08月06日撮影)

このページのtopへ


JR大糸線

JR大糸線

北(大町方面)に向かう普通列車です。

『安曇野の暮らし・02・「安曇野を訪れる時期」』

(2000年08月06日撮影)

このページのtopへ


稲

こうしてみると光の乱反射が凄いですね。

高価なレンズを使ったことがないのですが、こういう状況でもきれいに撮れるものなのでしょうか?

(2000年08月08日撮影)

このページのtopへ


光る雲

光る雲

"常念岳"上空の雲が残照を受けて金色に輝いています。

(2000年08月11日撮影)

このページのtopへ


夕焼け、2

夕焼け

この時の夕焼けが一番インパクトがあって、安曇野近辺のアマチュアカメラマンはこぞって写真を撮っていたのではないでしょうか。

その後、どなたかが撮影された写真が観光パンフレットかなにかで大きく紹介されていたように記憶しています。

(2000年08月11日撮影)

このページのtopへ


ススキ

ススキ

薄く"常念岳"が写っています。

背後に見える屋敷林は、切り倒されて住宅が建ってしまいました。

『安曇野の風景・03・「ススキ」』

(2000年08月21日撮影)

このページのtopへ



03回(2005年09月23日)

前回へ 『安曇野の風景(過去)・目次』 次回へ
『Site Map』 『安曇野の風景と暮らし』top 『Mail&掲示板』

『安曇野の風景と暮らし』バナー安曇野風景暮らし

http://homepage.mac.com/raven_sky/
当HPはMac OSXで作成し、"IE5.2"、"Safari"においてのみ動作を確認しています。
© 2003-2005 warabocchi/raven/morgenrot